パチンコの知恵/知識/計算

スポンサーリンク

  TOPページ

遠隔・ホルコン

パチンコホールには現在、様々な電子機器があります。

パチンコ・スロットルの遊技機データ管理・台上データ表示機・呼出信号・セキュリティ制御・計数器・玉循環制御などなど一般企業に比較しても、多くの分野がコンピュータ管理で運営されている業界です。

遊技台-台ユニット-島ユニット-店コンピュータ-本部コンピュータとLANで接続され様々な場面でタイムリーに対応できるようシステム構築されています。
そしてLANは自宅から、または海外からでも出来る時代です。

一昔前は釘師の覚書・経験を頼りにした釘調整が、今では日々のデータに基づき基本範囲外の回転率の台の釘を、微調整することで修正できる時代になりました。

さらにデーター収集したものを計数化してホール運営していたものから、上記で述べた様々なものの総合管理システムと変革していおりこれが「ホールコンピーユータ」と言われるものです。

「ホルコン」と言う言葉はいつ誰が言い出したのだろうか、業界では「ホールコン」と呼ばれているようですね。

CR機導入の条件として個別台へのではなく、全体コントロールは違法ではなく(暗黙の了解?)合法であるとの意見を見る事がありますが、残念ながらそのような公式文面を見つける事はできません(当たり前かも)

特許庁のサイトにも「顔認証システム」と「稼動状態による確率調整」が特許出願公開されています、それが現場において正式実施されたとは聞いていません。

パチンコに限らずコンピュータでは2進法で表現されます。

「0・1」です電気信号で言えば、電流が「ON・OFF]であり,電圧が「低い・高い」とも表現されます。

判りやすく電線で表現で言えば、2進法では1本の電線で1と2の2個の数値です。

2本で4個、3で8、4で16、以下2のn乗です。

16本で65536個「0から65535」なんてスロでの乱数表現がよくなされますね。

仮に1本常に「1」であれば当たりは2倍に400分の1が200分の1に、2本ならば100分の1に 3本なら・・・・・。

確変判定であれば2倍・4倍・6倍・・・・になります、そんなことが可能ならです。

  遠隔・ホルコン№2に続く

スポンサーリンク

★セグなど優良サイト案内(外部サイト)
  パチンコチュートリアル

  ページトップ↑
  TOPページ

スポンサーリンク

copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved