パチンコの知恵/知識/計算

スポンサーリンク

  TOPページ

検査・試験

パチンコ店の台(遊技機)は一応輸入であろうが、メーカー組織に入っていないどのような台でも設置できます。

ただし実務的には風適法で
「その営業所に、著しく客の射幸心をそそるおそれがあるものとして同項の国家公安委員会規則で定める基準に該当する遊技機を設置してその営業を営んではならない。」
とされております。

そのためパチンコ店は 営業所の所轄の「公安委員会」の【認定】を受ける必要性が出てきます。

ただしその条件にその遊技機の型式が「遊技機規則(略称)」に技術上に適合する【検定】を受けなければならないのです。

そうなるとびっくりする程の書類と専門知識が必要になり合格はないでしょう。
専門メーカーでしかできません=メーカーが既に検定を受けた(適合)遊技機に限定されます。

さらに公安委員会も専門知識はありません。
よって保通協に委託します、その認定に係る試験を【遊技機試験】と言います。

ただし普通はメーカーで既に【検定】を受けていますから、検定通知書(写)により【認定】の申請を行うことになります。
検定有効期間は公示の日から3年間(各公安委員会別)

やはり公安委員会も検定判断をできる能力は実務上ありませんので、国家公安委員会規則により「保通協(略称)」に委託しています。
保通協は検定のため「型式試験」を実施することがあります(初回は全て)

あくまで各都道府県によっても適合基準は異なることもありますから、検定そのものが通らない場合もあります。

店に設置され実機の直接検査が通り「認定」されデビューです。

認定は検定期間内に行います。

認定の有効期間は、その認定を受けた日から三年間です。

なお設置後の検定期間内・認定期間内は部品供給は可能です。

検定期間経過後の認定申請は法的には可能ですが、実務的にはできないとされています。

認定期限後の設置遊技機は「みなし機」です。
部品供給はありません、よって新規に交換はできません。

法律が変わり、その「みなし機」が適合機種でなければ撤去になります。
既に過去に大幅な法律改正があり撤去になっています。

スポンサーリンク

★セグなど優良サイト案内(外部サイト)
  パチンコチュートリアル

  ページトップ↑
  TOPページ

スポンサーリンク

copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved