ホルコン・遠隔
doraty画像
  パチンコ「超初心者」から
  中級者から上級者の方まで

  疑問点を解説します

スポンサーリンク


ホルコン・遠隔

呼び方が?であります

ホールコンピュータ
それを業界では「ホールコン」と呼びます

これは広義に表現すればパチンコホール全体の運営に絡む
全てを管理処理をおこなうシステム全体を捉える場合があります

会社で言えばパソコン・端末からサーバーまで含み
給与経理事務から本支店統括管理全てのコンピュータシステムです

パチンコホールには現在様々な電子機器があります

パチンコ・スロットルの遊技機データ管理
台上データ表示機・呼出信号・セキュリティ制御・計数器・玉循環制御などなど

一般企業に比較しても
多くの分野がコンピュータ管理で運営されている業界です

遊技台-台ユニット-島ユニット-店コンピュータ-

本部コンピュータとLANで接続され
様々な場面でタイムリーに対応できるようシステム構築されています

一昔前は釘師の覚書・経験を頼りにした釘調整が
今では日々のデータに基づき基本範囲外の回転率の台の釘を
微調整することで修正できる時代になりました

これが恐らく「出玉管理」と呼ばれますから
勘違いされる要因なのでしょう

さらにデーター収集したものを計数化してホール運営していたものから
様々なものの総合管理システムと変革しており
これが「ホールコンピーユータ」業界では「ホールコン」です

さて次は「ホルコン・遠隔問題」です

その「ホルコン」とはそもそも
有料ホルコン攻略法を生み出し側の造語なのです

島単位の遠隔は認められているか
これは以前からあった
「個別遠隔は違法だがホルコンによるホール全体の遠隔は認められている」
「CR導入の条件としてそれが暗黙の了解事項とされた」との噂が元です

残念ながらその様な発表や文書などは見かけたことはありません
密約だからかと言われるともう闇の話になります

特許電子図書館サイトにてデータ検索すれば
それに関する項目は嫌と言うほど出てきており
申請者はメーカー関係を多く見かけます

ゲーセン、今後海外カジノでパチンコが導入された時の準備
いや日本でのカジノ採用時など先んじての申請?

それら特許うんぬんについて
申請だけとか、違法は認可されないとか
いや申請はOKだとかの話ではなく

とりあえず申請はなされている事実はあります

風適法に定める遊技機検査において
「国家公安委員会があらかじめ指定する者に行わせることができる」とされており
これが保通協であり

その取決め事項法令が「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則」になります

その条文を照らし合わせても中身は「遊技機本体への制約事項」であり
外部機器の制約条文は見当たりません

つまり遠隔調整できる機器の申請が「違法であるとの判断」はされていません

取締りにおいて検挙されるときは遊技機との外部配線が無認可であり
その事実を踏まえて裏づけにての事務所内の電子機器の確認です

よって例えばパソコンに「遠隔ソフト」があろうと
その事実をもって摘発できる法的根拠がありません

ただその「遊技機側」での外部機器からの信号受信が違法であり

そこから判断されるのは 法的には外部からの遠隔送信では目的が達成される事ができません

そして法的リスクです
遠隔行為は現行法ではその管轄地域の店舗の「営業許可取消」になり

また許可は全て都道府県単位なのですが

これは重大犯罪になりチェーン店であれば
同じ経営者の全ての店が営業許可取消になります

1店舗当たり数億円の投資を行いそれが一瞬で営業が出来なくなるのです

そんなリスクをもって行なう経営者がいるのだろうか・・・
パチンコはプログラムで動いています

デフォルトにの仕組みにおいて
遠隔を受け付けることも、それにより変更されることはないでしょう

なぜならプログラムにない挙動は決して起せないからです

現行法では台の改造や遠隔は凶悪犯罪であり
既に述べた様に営業許可取消処分にて
企業倒産になるリスクがあります

そしてこれは必ず複数の手を必要とします

①そのシステムを作る人
②取り付ける人
③実行する人

人が増えれば増えるほどに洩れる危険性が大きくなります

さらにこれは「悪巧み」ですから
それをネタに脅されていく可能性が大になります

遠隔が可能なら釘はもっと良くなりますね

スポンサーリンク

  ページトップ↑
  パチンコチュートリアルTOPへ

スポンサーリンク

  doraty_comの知恵袋/コラムTOPへ

copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved