攻略の歴史
doraty画像
  パチンコ「超初心者」から
  中級者から上級者の方まで

  疑問点を解説します

スポンサーリンク


攻略の歴史

ここではゴト行為と呼ばれる犯罪は触れません

たたし体感器は後日違法となりましたが
当時は違法ではなく攻略を語るに避けれない問題ですから

それを合わせて説明します

ルーレットなど回転する的の例で説明すると

過去のは現在のと異なり
回転速度は極めてゆっくりであり

体感器の出る前で有名なのは
梁山泊と言われたグループの狙い撃ち打法

これは回転とランプが同調しており
点滅の何回目だけのタイミングで玉打ち出すのです
そして即時打ち出しを止める

そのタイミング把握のために

誰かが当たればそのタイミングで全員が打ち出す

また確変/単発でのタイミングもそれで探り
そのタイミングだけ打ち出して止める

この攻略法は「節約打法」であり
直撃打法とは少し意味が異なります

当たり易いタイミング
確変当りになり易いタイミング

そのタイミングの時にしか打たない打法ですから
玉が人より要らないし連チャンもし易い

その後に体感器なるものが登場します

これは目で追うのではなく

その機器がタイミングに合わせて体の皮膚に刺激を与える機器です
その刺激があった時だけ打ち出し、直ぐに打ち出しを止めれば良いのです

これは回転速度が速くなってきたため
また点滅と同調しないなど
目で追うことが困難になってきたため登場しました

業界として
この機器の影響は大きく

タイミングをずらす+ソフト乱数方式などで対抗します

ただしそれ専用に機器が作られてきます

中には機種に合わせ
ランダムなタイミングへの機器も登場します

そこで持ち込みそのものを違法とする
裁判での判断に委ねられます

ひとつは「体感器使用禁止」のPOPなどがあるのに
そのを持って入店したこれは住居侵入罪に該当する

また体感器を用いての打ち方は
店の予定している遊技方法ではなく
それで得た行為は「窃盗罪」に該当する

その様な意味で判断されています

またその様な問題からか
法律「遊技機規則(略称)」が変更されています

それは回転速度が1周0.05秒以下か
周期が規則的にならない様になっています

例えば乱数値が65536個これが0.05秒で1回転されれば
また乱数が0から始まり次はランダムに決められるなら

もうこれでは体感器では無理ですね

スポンサーリンク

  ページトップ↑
  パチンコチュートリアルTOPへ

スポンサーリンク

  doraty_comの知恵袋/コラムTOPへ

copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved