先読み・疑似連
doraty画像
  パチンコ「超初心者」から
  中級者から上級者の方まで

  疑問点を解説します

スポンサーリンク


先読み・疑似連

パチンコはスタートチャッカーに入賞した時点
そこでは何も決まっておらず

また先に当たりハズレが決定して
後から演出が配分されるのは既に解説しました
ご理解頂けましたか

けれど確定保留や確定音などが存在する
何故なのか

実は保留を跨いでの先読み演出は
一時期禁止され流行したのが「疑似連」です

1回転のリーチ演出などで
数回転の演出がある様に疑似的に見せたのです

機種により疑似連3回は激熱
4回は大当り確定か??などの演出もあります

疑似連は先読みの様に見えて先読みではありません

先読みは「大海物語SP」にて解禁
数回転の保留を超えて先読み演出をしていきます
(当たる当たらないは別問題です)

確定保留や確定ボイスなどはなぜ可能だったのか
(それが確定かどうかは別問題です)

つまり順序に従い当否判定している筈なのに
なぜ飛び越えて確定が出せるのか

実は液晶画面に現れるのは
内部的に決定した後処理なのです
セグも同じくですね

またサブ基板にも主基板と同じ
当否判定できるプログラムが入っており
先読み可能との話もあります
(あくまで先読演出用仮の姿で実際の当否判定に影響はさせません)

当否も演出も基本的には「書き換え」と呼ばれる変化はありません
ルーチンとしても無駄です

スポンサーリンク

  ページトップ↑
  パチンコチュートリアルTOPへ

スポンサーリンク

  doraty_comの知恵袋/コラムTOPへ

copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved