完全確率
doraty画像
  パチンコ「超初心者」から
  中級者から上級者の方まで

  疑問点を解説します

スポンサーリンク


完全確率

”「完全確率」とは何ですか”
以前良く質問がありました

完全確率は確率論用語ではなく業界用語です

パチンコ機の認定・検定などに関するする規定では
「・・・・周期が規則的であるものその他当該くじに当せんする機会を容易に推定することができる仕組みのものでないこと」と定められています

「完全確率」とは一般的には「独立抽選」と表現されます

これはサイコロに例えれば
今回「1」が出たからと言っても、次には前の結果が影響される訳ではありません

やはり次も6分の1での試行です

パチンコの場合は分母が大きなサイコロと考えれば良い訳です
ルーレットにもよく例えられます

「独立抽選」でないものが「ガラポン抽選器」
これは商店街やスーパーなどで行なうガラガラ回して小さな玉を出して色により商品を出すものです
白色は残念賞、金色は特等賞なんてね

「ガラポン抽選器」は毎回出た玉はそのなかから外していく方式です
しかし「独立抽選」はもう一度戻すやり方になります

「ガラポン抽選器」は中に金・銀・赤など当たりが入っている限り
その個数分回せば必ず「大当たりー!」となります

「独立抽選」はそれとは異なり
必ず分母回数回せば当たると言うことはありません
勿論1回転目でも当たる可能性もあり何度も当たることもあります

これが「独立抽選」の考え方で「ガラポン抽選器」と異なる仕組みです

1000回ましてや2000回ハマリ台は「「もう当たるだろう」と考える人も見えると思います
ましてや1人でここまで回すと理屈ではなく意地になってしまい他の台には替われなくなってしまいます

やむなくダウン種銭切れ、トボトボと店から出て行くことになります

複数の台で打ち負けていく時より
なぜか寂しさが本人もそうですが、その後ろ姿を見送る常連にもひしひしと伝わってきます

たまに見かけるのはタバコの箱を置いていったり
玉を少し残して帰る人達がいます

店もそうですが他のお客には大変迷惑になり
「哀れを感じます」が皆さんはそんな事しないようにしましょう

パチンコはスタートチャッカーに入賞した時点で乱数取得(抽選)されます
その乱数と基板内の当否判定テーブルとの突合にて当否などを決めます
これを判定と表現します

厳密には抽選と判定は別なのです
うん???
抽選が無ければ判定は出来ないですから
仮に千円で15回転する台より、25回転する台で勝負したほうが絶対に有利なのは理解できますよね

回る台で勝負するのがセオリーなのです

パチスロは2号機時代から「完全確率」だったのですが
4号機時代は合法爆裂機になりましたね

スポンサーリンク

  ページトップ↑
  パチンコチュートリアルTOPへ

スポンサーリンク

  doraty_comの知恵袋/コラムTOPへ

copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved