カード・マジック

スポンサーリンク

  ホーム

【カードの名称】

デック
1組のカード、デッキやパックとも呼ばれ日本ではデックが多く使われます
1組ではなく、それに近い数十枚の束もそう表現し半分のデックとの表現も使います

パケット
数枚のカードです、パイルとも呼ばれます

トップ
裏向きに持った時のデックの一番上のカードをそう表現します
表向きに持った場合は表向きの一番上のカードなどと表現します

ボトム
裏向きに持ったデックの一番下のカードです
表向きに持った場合は表向きの一番下のカードなどと表現します

インデックス
カードのフェイスの左上端・右下端に小さくマーク・数字が書いてある部分です

フォーインデックスは四隅に書いてあファンにした場合はどちらからでも見えますから都合が良いのです

マークまたはスーツやスート
スペード、ハート、ダイヤ、クラブの4種類のマークです

ランクまたはバリュー
A、K、Q、J、10、9、8、7、 6、5、4、3、2の数位があります
A(1)エース K(13)キング Q(12)クィーン J(11)ジャック $ ジョーカー

Xカード
何かのカードである必要のないカードの表現に使います

サイド
カードの長い方の方で側(左側・右側)とも表現します

エンド
カードの短い方で端(外端・内端)とも表現します

コーナー
カードの角を隅(左外隅・左内隅・右外隅・右内隅)と表現します

絵札
ジャック・クイーン・キングです、顔の向きや表情・衣服・持ち物が全て異なります

字札
スポット・カードとも呼ばれ、絵札以外のエースを含めた数字カードです

クラブ・ハート・スペードの1・3・5・6・7・8・9とダイヤの7は、上下を区別可能(22枚)
(ダイヤは基本的に上下がないため多くのカードは区別がつかない)

ジョーカー
その通りです

フォア・オブ・ア・カインド
同じ数字(絵札も含め)4枚のカード1組みを表現します

ポインター・カード
カードの表面に天地(上下)が解るカードがあります
クローバー・ハート・スペードのA・3・5・6・7・8・9とダイヤの7の22枚及びジョーカー

メイトカード
赤・青のように同じ色の同じ数字(絵札を含め)カード

レギュラー・カード(デック)
仕掛けのない普通のカード(デック)です

トリック、ギミック、フェイク、ギャフ(ガフ)カード
仕掛けのあるカード(デック)のことであり、様々なものがあります

↑上に戻ります
  ページトップ↑

スポンサーリンク

  ホーム
copyright(C)2009 不思議ちちんぷいぷい all rights reserved