カード・マジック

スポンサーリンク


技法(テクニック)関連
基本的特に指定が無ければディーリングポジションです

【ステップ】

ステップ

テーブルにおいたデックのブレイクの様なもので、例えば上半分下半分をやや斜めにして段差をつけたものです
この工夫としてデックを半分に分けて、上半分をテーブルに置く
その後に何か話をしながら、その上に左手の残りの下半分のデックを斜めに乗せる
その後に何か話をしながら、そのステップの付いた部分をマジックに使う
そのカードは事前に仕込んだトップカード

デックを半分カットしてテーブルに置く
その上に無造作に下半分を重ねて置く
それを手に持ってきて揃える動作でブレイクに替えてしまう
それからパスでトップカードは変わらない

【スプレッド】
広げるとの意味です、両手でスプレッドするとも表現します

リボンスプレッド

デックをテーブルの上にリボン(帯状)に広げたものです

マジックに適正なカードは基本の部分で説明しました
マットの上などでサッと広げるだけでキレイにできます
力加減は慣れです

フォールス・スプレッド
素直に見せず一部を隠す場合を表現します

アスカニオ・スプレッド
下はトップカードの下に1枚隠されてスプレッドした図です

アスカニオ・スプレッド

例えば5枚のカードを4枚に見せて速やかにスプレッドする技法

右手エンド・グリップのパケットを、ボトムから左人差し指で左に引き出し
続いて中指で2枚目を左に広げ(その他のカードの縁を親指でずれないように押さえて行く)
次はトップカードを左親指で押さえながら下の2枚を右手エンドグリップで引き出しディスプレイする

オルラム・サトルティ
下は両手のカードを表向きにした後、右手と左手の見せていないカードをテーブルに置く図です

オルラム・サトルティ

4枚のカードを持ち、トップカードを親指で右にずらし右手に渡し、同時に左右両方のカード表面をお客に見せます
戻して左手のトップカードと右手のカードを裏向きのままテーブルに置きます
引き続き同じ仕草でそれを行うと1枚の表面を示さず終わる

ダミコ・スプレッド

ダミコ・スプレッド

3枚のカードを右手で表向きにする時に2枚に見せる技法

ディーリング・ポジションの裏向き3枚のカードの左外隅裏側(表)を右親指にして、左側面を人差しと中指で挟む
右手カードを表に返す動作で中指を軸に親指でカード1枚のみ滑らせてずらし
他の2枚は1枚に見せる、表向きになった時点では左手は離れている
2枚のカードのファンに見せる

パケットの右内隅を右手小指と薬指の付け根に入れ込んだり
右指で軽く補助することで同じ現象が簡単になる

↑上に上がります
  ページアップ↑

  テクニック目次に戻る

スポンサーリンク

  ホーム
copyright(C)2009 不思議ちちんぷいぷい all rights reserved