カード・マジック

スポンサーリンク


技法(テクニック)関連
基本的特に指定が無ければディーリングポジションです

【サブトレクション】
シークレット・サブトレクション
シークレットアデションとは別に密かに減らしてしまう技法
(Xカードとは特に決まっていないカードの意味です)

アトファス・ムーブ
デックの2枚目の下にブレイク
その上にテーブルに置いてあった表向きの4枚のAを右手エンドグリップで取り上げデックの上に乗せる
右手で揃える仕草で下の2枚を加えてしまい、更にその下に1枚加えてしまうがその上でブレイク
現在は右手エンドグリップにて上から表向き4枚Aと裏向きXが2枚・ブレイク・裏向きXカード

右に少し離し左親指で1枚目のAをデックトップに取っていく
同じく2枚目Aも、そして3枚目を左に移す陰でブレイクされた1枚のXカードをデックに加えてしまう
これは3枚目Aの陰に隠れて見えない、3枚目のAの下でブレイク

4枚目の1枚に見える3枚をその上に乗せブレイクより上4枚を取り上げ何気なしに持ち上げても違和感がない
右手エンドグリップのパケットは表A・裏X・裏X・表Aになっている
デックはトップから裏X・表A・表Aになっている

バーノンズ・シークレット・サブトラクション
デックトップカードにブレイク
その上で表向きの上から4枚を1枚ずつ下に回し込むのですが、4枚目の時だけブレイクの下に入れてしまう
そこでブレイク、ブレイクの上の4枚を取ると見せかけて実際は3枚
デックの上から2枚目は表向きのカード

例えば何故カードを回し込んでいかなければならないかの理由付けが必要です
赤黒で並べるとか、ダイヤ・クラブ・ハート・スペードの並びにするか
そして後ろに回し込む時には1枚目は左寄りに、次はそれに続き
その陰で4枚目をブレイクしたに回し込めるのですね

【ジョグ】
グライドと似ていますが相手からは見えない位置とは限りません
デックから前後に少しずらすことです

インジョグはマジシャン側の手前でその状況は余り見せない
アウトジョグはお客側にむしろ見せるように突き出すことになります

ダイアゴナル・ジョグ

ダイアゴナル・ジョグ

斜めに突き出すジョグですが、この場合は観客からは見えない位置になります

ナチュラル・ジョグ
分割したデックの上にサインカードを乗せてもらい右手の半分を無造作に乗せる
するとその力で滑り、そこでジョグと同じ現象が出来ブレイクが可能となる

↑上に上がります
  ページアップ↑

  テクニック目次に戻る

スポンサーリンク

  ホーム
copyright(C)2009 doraty_comの知恵袋 all rights reserved